1. >>
  2. >>
  3. シニア犬の食事で気を付けるポイント

シニア犬の食事で気を付けるポイント

シニア犬の食事の注意点

シニア犬は若い犬と比べた場合、消化能力の低下が否めません。
それまでと同じ食事内容を与え続けた場合、肉体への無用な負担から、健康上の悪影響につながる場合が想定され、その内容には十分な注意が必要です。

一方シニア犬にとって、食事jは毎日の大きな楽しみであり、年齢と体調を考えたうえで、よろこんで食べてくれる食事内容への配慮が、私達飼い主に求められます。
長年毎日一緒に暮らす中、自身の愛犬に限って老化など関係ないと捉えがちですが、全ての犬にとって年をとり、体力が低下してしまう現実は避けられません。

重要な食事内容の見直し

まずはこれまでの愛犬の食生活を振り返り、果たして本当に適切な食事の与え方を実践できていたのかどうか、冷静に見極めてください。
成犬の食事は決まったドッグフードが主体で、回数は1日に1回で、プラスアルファで与えるおやつも、出されたものは全て平らげてしまう犬の習性から、与える分量には注意を払っておられたことでしょう。
また家族の一員として、人間と同じ食べ物を与え、喜んで食べる姿が嬉しく、ついつい与え過ぎてしまった経験も、大勢の愛犬家の方々に共通しています。

ですが根本的に体質が大きく異なる犬にとって、人間の食べ物は必ずしも健康上良い物ばかりとは限りません。
また人間の食べ物は犬にとっても美味しく、与え過ぎは肥満のリスクだけでなく、本来の主食のドッグフードを食べなくなる、偏食になる可能性がでてきます。
子犬から成犬の期間、このような食事環境で育て続けてこられた場合、シニア犬への食事の与え方を、根本的に見直す作業が欠かせません。
とりわけシニア犬の体重が標準地を大きく上回っている場合には、早急な食生活の改善が必須です。

食が細くなった時の対処法

シニア兼の特徴として、次第に色が細くなる傾向があげられます。
ここで私達飼い主に求められるのが、あくまで愛犬の健康を第一に、適切な食事とその分量を見極め、少しでも食べてくれる、調理方法の工夫です。

それまで袋から開けて与えれば、喜んで食べてくれていた、主食のドッグフードに背を向けるのであれば、塩分、油分、糖分を抑えた他の食材を考えてあげましょう。
お魚が好きな愛犬であれば、塩鮭を湯に浸して塩分を抜き、小骨に注意の上で与えるのも一案です。
あるいはチーズが好きな愛犬であれば、トッピングしてあげる方法が考えられますが、塩分が多い食材ですので注意が必要です。

どれだけ好きな食事内容でも、毎日続けば飽きてしまうのは、犬も人間も同じです。
シニア犬となって食欲が減退した際の、切り札的なメニューを、私達飼い主はより早い段階から見極め、いつでも対応できる「備え」が大切です。