1. >>
  2. >>
  3. 犬の食事の内容とタイミング

犬の食事の内容とタイミング

犬の食事の内容について

犬の食事の内容は人間と同じではあまり良いとは言えません。
人間と犬では必要とする栄養が違うからであり、そのため犬にはドッグフードがベストです。
もちろん年齢に適したドッグフードを選んであげることが好ましく、そのときどきに必要な栄養素、不必要な栄養素が調整されています。

量も犬の種類、体重、年齢などに合わせてドッグフードを選ぶことが大切です。
まだドッグフードにもいろいろな種類があり、炭水化物が多いものや怪しい肉などが混入されているものや、犬の健康を真剣に考えてつくられたドッグフードもあり価格もピンキリです。
そのためドッグフード選びもとても大切ではないでしょうか。

おやつの大切さ

犬の寿命は医学の進歩によって、どんどん長くなっています。
そして犬にとっての食事は、とても大切な楽しみでもあるのです。
幾ら寿命が長くなっても楽しみなく味気ないドッグフードを食べさせるか、適度に喜ぶものを食べさせるかは飼い主の考え方にも違いがあります。

しかし多くの場合、美味しく楽しい食事を摂らせてあげたいと言う気持がありますが、出来るだけ健康的に寿命を延ばす食事をさせたいという気持の両方があるのではないでしょうか。
そこで体に良い、おやつ的なものを食事以外でプラスしてあげるなど、いろいろ考えてあげたいものです。

食事のタイミング

食事のタイミングとしては、しっかり決めると時間が来ると要求する、興奮するなどがありますが、他の人に預けたときでも時間がくれば食べたり、時間が来るまでちゃんと待つことができます。
もちろんダラダラ食いは避けなければなりませんが、少々の時間は緩くした方がいいかもしれません。

やはりワンちゃんでもその日によってお腹の空き方が違うこともあるので、その辺はあまりガチガチに決めないことも必要かも知れません。
中型犬、大型犬は1日2回、チワワなど超小型犬は1回に食べられる量が少ないので1日3回、離乳食後からお誕生まではどのようなタイプの犬でも1日3回が基本です。