1. >>
  2. >>
  3. キャンプに行こう

キャンプに行こう

ペットとキャンプ

アウトドア派の飼い主なら、ペットも一緒にキャンプに連れて行きたいと思うのも当然かも知れません。
特に犬や猫の場合、キャンプに連れて行けるのでしょうか。
そんなときにはどのような注意が必要なのかなど考えてみましょう。

犬とキャンプ

ほとんどのキャンプ場では犬を鎖でつないでおく必要があります。
またペットOKのキャンプ場ではリードや鎖から離してやるランニングコースがあるところもあります。
ただしキャンプ場に人が多い場合は、犬を嫌う人もいるので長い鎖などでつないでおくことが必要です。

また夏は暑さが強く、また人が多いので犬は落ちつけません。
そのためキャンプの時期を考えなければなりません。
そしてキャンプ場を利用する場合、「ペット不可」「ペットOK」「ペット歓迎」があるので最初にチェックしておきましょう。

また犬を残してどこかに遊びに行ってしまうと、遠吠えなどをする原因となり回りの迷惑になるので行動をいつも共にすることが大切です。
夜はテントの中に入れたり、入口のところに寝かせるようにして、犬が安心できるようにしましょう。
基本的には犬はキャンプが大好きですが、飼い主の配慮がいろいろと必要となります。

猫とキャンプ

猫の場合はキャンプ場に行くまでの車の移動もストレスになるので、車に乗る時間の短い近場がおすすめです。
また外で生活をすることに興味のある猫ならキャンプはおすすめですが、家が大好きで外は緊張してしまうタイプの猫はあまりおすすめできません。

連れていく場合は猫を1匹にしないことが大切です。
また猫のリラックスできる環境をつくるため、キャリーケースを持っていきます。
夜寝るときにはテントの中に入れて、トイレを置いておきましょう。

また興奮してどこかに行ってしまわないように、ハーネスとリードを使用しましょう。
ただし子猫の場合、ハーネスを上手に抜けてしまうので注意しなければなりません。
そして猫は暑さに弱いので、夏はおすすめできません。