1. >>
  2. >>
  3. 猫がかかりやすい病気とは

猫がかかりやすい病気とは

猫の知っておきたい病気

猫がかかりやすい病気にはどのようなものがあるのでしょうか。
飼い主は知っておきたい、猫がかかりやすい病気というものがあります。

猫の飼育頭数が増加していて猫ちゃんブームが到来していると言われています。
犬猫を飼っている人も多いです。
ただ、ワンちゃんよりも飼いやすいと考えている人は多いのですが、そうではなく、猫の方が飼いやすいのが大きな特徴です。
猫は病気は注意した方が良いので、猫を飼う場合は病気について知っておくと、非常に効果的です。

猫がかかる病気は多岐にわたります。
病気は猫の種類によっても異なっています。

人間がかかる病気は猫もかかります。
猫の病気にはどのようなものがあるのか説明します。
泌尿器の病気もあるのが猫の病気の特徴です。

おしっこが出ないものとかおしっこの量が少ないものがあります。
猫を飼っている人もこれから猫を飼おうと考えている人も参考にしてください。

猫の病気はがんとか泌尿器

猫の病気ですが命を脅かすものにがんです。
がんは、時間が経つと進行して悪化するのが特徴です。
早期に発見することで、治療もすることができます。
ただ、症状が分かりづらく治療しにくいというものがあります。

日頃から体全体を触って変な出来物ができていないかをチェックすることが大事です。
しこりのような変なできものができている場合はこの病気に注意です。
カラダを触ることで症状を知ることができるようになります。

動物病院に行くのが効果的です。
がんは口の中にできる口腔がんもあります。
定期的に口の中を見ることでこのがんを見つけることもできるのです。

胃腸に発生するがんは、体重が減ったりとか嘔吐とか下痢といった症状も出てきます。
中高齢の猫は、がんになりやすいので注意です。

他にも、泌尿器の病気があります。
泌尿器の病気ですが、腎臓とか尿管、膀胱のほかにも尿道があります。

猫は、この泌尿器の病気が問題になることも多いです。
猫がなりやすい病気は慢性腎臓病とか尿石症、膀胱炎があります。
おしっこの異常が起こりやすいのが大きな特徴です。

他にも心筋症があります。
全身に血液を循環させる重要な臓器が心臓です。
この心臓の筋肉を心筋と言います。

ペルシャ猫とかヒマラヤン、メインクーンとかアメリカンショートヘアの猫種に多いという研究結果があります。
心筋症の治療ですが、完全に治療はできない様子。お薬で症状を和らげることはできるのです。
症状は後ろ足がしびれて麻痺するというものがあります。

この症状があれば、獣医師に診てもらうこともできます。
獣医師に診てもらうと、治療することができます。
少しでも症状が出ていたら、すぐに獣医師に診てもらうのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です