1. >>
  2. >>
  3. ペットの小さな変化を見逃さないためには

ペットの小さな変化を見逃さないためには

ペットの変化はちょっとした毎日の観察から

ペットの病気や老化による症状など、飼い主の毎日のちょっとした観察によって早期発見、早期治療ができるのです。
少しだけ意識すると、日常とちょっとした違いが分かるようになります。

ペットのバイタルサインは、命にもかかわる基本的な情報なのです。
そのためいち早く飼い主が分かってあげることこそ、ペットにとってとても大切なこととなります。
飼い主の責任として、毎日のちょっとした変化を見逃さないようにしましょう。

顔から見る

特に犬や猫は顔をチェックしてみましょう。
もちろん飼い主はかわいいワンちゃんやネコちゃんの顔を毎日見ると思いますが、そのときにちょっと意識して見ると、意外と小さな変化も分かるものです。
そこでまず目に輝きがあるかをチェックしましょう。

例えばにごり、充血、目やになどがないか、目がキラキラと生き生きしているかのチェックです。
また次に鼻のチェックですが、鼻は湿ってツヤがあることがベストです。
ただし睡眠中は少し乾燥しますが、特に鼻は犬、猫の健康のバロメーターと言われており、特に猫の場合は鼻に湿りけがなくなったら、すぐに病院に行くことをおすすめします。

また口は犬猫ともに口臭が強くなったら病院で、口内環境のチェックをしてもらいましょう。
歯周病の可能性が高くなります。
そして犬の場合はよだれが多くなると要注意です。

他にもチェックをしよう

顔以外にも食欲が落ちている場合は、他の部分もしっかりチェックしてみましょう。
また泣き声が違っていたり、鳴くことが多いと感じたら病院に連れて行くようにします。
歩き方がよたよたしていたり、立ち上がれないというときも、すぐに病院に連れて行く必要があります。

またトイレのしつけがちゃんとできているワンちゃん、ネコちゃんがお漏らしをしている場合も、注意して様子を見る必要があります。
他にもとても痒がる部分があったり、1カ所を舐めてばかりいるときには皮膚病の可能性も考えるべきでしょう。