1. >>
  2. >>
  3. 病院に行けない犬猫の往診治療について

病院に行けない犬猫の往診治療について

往診治療はなに?

犬猫の中には、病院に行けないこともあります。
犬猫も人間と同じように高齢化が進んでいるのが大きな特徴です。

医療の発達とかスマートフォンが普及して犬猫のケアもしやすくなっています。
これが、高齢化が進んでいる原因の一つと言われています。

高齢犬が増えると、介護とかターミナルケアと呼ばれている末期医療も増えてきます。
認知症とか寝たきりも多いという犬猫は、人と同じように病気になったり認知症になるのが特徴です。
寝たきりのワンちゃんとか猫ちゃんも増えてきています。
動物病院に行くのが難しいと言う時は、往診治療も効果的です。

この往診治療ですが、どのようなものなのでしょうか。
往診治療は、病院に動物を連れていって治療をするのではなく、獣医に自宅にきてもらって診察することです。
来てもらってかかりつけの獣医が往診してくれるので安心です。

今までの病歴もカルテに残るので、入院とか手術が必要のときも病院に搬送してもらうことができるようになっています。
非常に安心のサービスが展開されています。

往診治療のメリット・デメリット

往診治療のメリットは、獣医が自宅まで往診に来てくれるというものです。
診察の計画とか提案を考えやすいのも大きな魅力と言っても過言ではありません。

不便なこととか不可能なことも動物病院に比べると多いと言えるのではないでしょうか。
診察とか検査が動物病院での治療よりもスムーズではないということもあり、動物病院よりも往診治療が全部良いというものではないです。

メリットは、質問を気軽にすることができます。
病院では質問しにくいことも自宅で往診してもらうと気軽に質問することができます。

もちろん、獣医が自宅にくるので飼育環境とか与えているフード、家族構成も知ることができるようになります。
獣医も治療がしやすいというものがあります。
自宅にきてもらうのは獣医にとってもメリットがあります。
この点は覚えておきましょう。

慢性疾患とか老齢性疾患というものがあります。
この疾患のときは問診したりする必要があります。

動物病院はより検査とか診察がしやすいけれど、往診治療ではしにくいというものがあります。
この点に注意をして動物病院の良い点と悪い点、往診の良い点と悪い点について知っておくと、非常に効果的です。

どちらも良い点と悪い点があるので一長一短です。
床ずれ予防とかケアの方法、寝た状態でカラダを清潔するアドバイスというものがあります。
食事補助のコツとか役立つグッズ紹介もしてくれるのが大きな特徴です。

往診治療は行うことでいろいろなメリットもあります。
往診治療は良い点も多いので、是非活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です