1. >>
  2. >>
  3. 去勢手術のメリット・デメリット

去勢手術のメリット・デメリット

去勢手術は?

犬の手術は本当に必要なの?と気になる人も多いのではないでしょうか。
去勢手術をするメリットもあれば、デメリットもあります。
犬の手術について知らない人も多いです。
知っておくと効果的な点もあります。

まだ犬の手術をしたことがないという人も去勢って何?という人も多いでしょう。
どのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのか紹介します。

去勢手術というのがどのようなものなのか知らないという人も多いです。
これは、男の子のワンちゃんの精巣を摘出する手術というものです。

精子をつくる精巣を摘出して、生殖機能は失いますが精巣では男性ホルモンの分泌もされているのでホルモンも役割がなくなるのが大きな特徴です。
デメリットが多いと思う人も多いです。
ただ、この去勢手術をすることでメリットも多いです。
去勢は行うタイミングも大事ですし、年齢とか大型犬なのかによっても異なっています。

小型犬とかによっても異なっています。
大型犬の種類も載せているので参考にしてください。

犬の去勢手術はメリットもデメリットもある

獣医師が教える去勢手術のメリットですが、病気の予防をすることができます。
精巣を摘出して精巣がなくなるので精巣の病気、精巣腫瘍とか精巣壊死の予防をすることができます。

前立腺の病気である前立腺肥大とか前立腺がんを予防をすることができます。
肛門の周りの病気である会陰ヘルニアの病気も予防できるのが大きな特徴です。
停滞精巣という正常な位置に精巣がない病気は、去勢手術で防ぐこともできるのです。
この去勢手術は、病気の予防にも一躍買ってくれます。

去勢手術のデメリットは、肥満になりがちになります。
去勢手術をすると男性ホルモンの分泌がなくなるので食べ過ぎたり生殖機能の維持に使われていたエネルギー消費もなくなるので肥満になりがちになります。

生活習慣に気をつけたり、去勢の時期に気をつけることでこちらは予防をすることができます。
飼い主が食事とか運動に気をつけることも大事です。

大型犬の場合は、股関節形成不全という病気も注意です。
犬は1歳になる前に去勢手術をすると、骨の形成が不完全で股関節形成不全になるのです。

特にゴールデンレトリバーといった大型犬は、この股関節形成不全になることもあります。
最近の研究では、ゴールデンレトリバー等の大型犬は去勢手術をすると年齢によってはホルモンの変化で、リンパ腫が増えると言われています。

去勢は良い点もあれば悪い点もあります。
特徴も知っておくことでより効果的に去勢のタイミングとか年齢も知ることができるようになります。
もしワンちゃんの去勢しようと思っている人は、去勢手術の良い点と悪い点は参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です