1. >>
  2. >>
  3. 猫の多頭飼いで気を付けたいこと

猫の多頭飼いで気を付けたいこと

多頭飼いとは?

犬猫を飼っているという人も多いのではないでしょうか。
犬猫を多頭飼いしている人も多いです。

多頭飼いというのは、1匹だけではなく何匹も飼っているというものがあります。
猫ちゃんブームが到来しているというもので、猫を数匹飼っている人も多いです。
猫同士で仲良く遊んでいるのとかくっついて寝ている姿が可愛いという人も多いのではないでしょうか。
猫の動画とか写真もいろいろ見かけるといえます。

猫ちゃんは多頭飼いしてもメリットはあります。
ただ、注意しないといけないポイントも多いです。
心構えとか準備も大事です。

犬より猫の方が飼いやすいということもあり、猫を飼っている人は増えてきています。
多頭飼いは何匹が良いのでしょうか。

多頭飼いするメリットとデメリット

多頭飼いをするメリットは、いろいろな個性とか性格の猫ちゃんを多頭飼いすることで個性を知ることができるようになります。
いろいろな猫の個性を知ることもできるのでその点は大きな魅力と言っても過言ではありません。
仲良く遊んでいたり寝ていたりすると癒やされますし、猫好きには嬉しいです。
いやし効果も高いです。

室内飼いは猫同士で遊んでいるので運動不足も解消することができます。
忙しかったりして散歩に連れていけない場合も猫同士で遊んでいると運動不足にならないのが大きな特徴です。

デメリットは、食費とか医療費といった必要経費が等数分かかるというものがあります。
食費はフードとか多くなるので費用もかかります。
トイレとかベッド、爪とぎとかおもちゃといった猫が遊ぶのに必要な道具の費用もかかります。
トイレは同じトイレを使うと下痢とか血尿があってもどの猫の排泄物か分かりにくいというのがデメリットと言えるのではないでしょうか。

猫は同じトイレを使うと、何日もおしっこが出ていなくてすぐに気が付かないとか病気が気が付かないというものもあります。
多頭飼いするとメリットもありますが、どの猫の排泄物なのか分からないとか病気が気が付かないという点もあります。
この点は覚えておきましょう。

多頭飼いすると、健康管理がおろそかになったり経費が等数分かかるのが特徴です。
2匹とか3匹は大丈夫ですが、5匹とか6匹という多頭飼いは注意です。

猫同士は相性が合わないとケンカをしたりして怪我をすることもあります。
最初は仲が良くても仲が悪くなる猫も少なくありません。

まず、猫を飼う時は2匹で様子を見て多頭飼いするのが効果的です。
トイレは数等分+1個が理想の数と言われています。
トイレは健康にも効果的ですし、数等分+1個は用意しておくと効果的な点で猫の健康管理は大事です。
ケージも用意しておくと効果的に飼うこともできるので部屋数を確保できない場合はケージが効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です