1. >>
  2. >>
  3. 猫の気持ちに寄り添った部屋の作り方

猫の気持ちに寄り添った部屋の作り方

猫の部屋づくりって?

飼い主も猫も部屋づくりをすることで快適に過ごすこともできるのです。
猫が喜ぶ効果的な部屋づくりのポイントもあります。
猫の習性もあり、猫は高いところを好むというものがあります。

部屋づくりで覚えておきたいのは、この猫の習性です。
犬は高いところは好みませんが猫は高いところの場所を好む特徴があります。

横方向よりも縦方向の広さを部屋では重視しているのが大きな特徴です。
高い場所から周囲が見えるような部屋だと猫は安心感があるのです。

部屋を作る時には、キャットタワーとかキャットウォークを部屋に設けるのが良いでしょう。
上下運動をすると運動もできますし毎日の上下運動では肥満予防にも一躍買ってくれます。
病気の予防とか運動不足の解消にも一躍買ってくれます。

キャットタワーでは、猫の体重にちょうど良いものがあります。
据え置きタイプと突っ張りタイプの2種類があるので、どちらか合っているものを置いてあげるのがポイントです。

猫の部屋づくりのポイント

猫の部屋づくりのポイントですが、トイレは静かで人通りの少ない場所がベターです。
トイレは、ストレスなくできるように人通りが少なくて静かな場所が良いでしょう。

脱衣所とか人間用のトイレ内にトイレを設けることでゆっくりと猫も排泄をすることができるようになります。
猫用の出入り口もトイレに設けるようにするのが大きな特徴です。
ドアに猫用の出入り口をつけることで自由にトイレすることができます。

子猫用のケージをそのままにして猫部屋を作るのが良いでしょう。
子猫はケージを使うことが多いのですが、成猫期はケージをあまり使わないのです。

ただ、ケージは病気の時にも治療に使うこともできます。
/猫部屋に置くことで、ケージも有効活用できると言えるのではないでしょうか。
老猫がいてもケージがあればストレスなく快適に使えるのが特徴です。

多頭飼いでも病気の時にケージがあればそこで治療することができます。
ケージがあると猫部屋で非常に便利といえます。
猫用のグッズはリビングルームに置くのが効果的です。
自然とスキンシップもアップするので、猫とより仲良くなることもできます。

スチールラックとかシェルフ、ラックのオープンな棚は、猫用のベッドとか猫用のハウスも置くのが効果的です。
猫が喜ぶ部屋づくりのポイントは、カラダの健康が維持できるように室内環境を整えるのがポイントです。
心身の健康が維持できる室内環境にすると猫が喜んでくれるのです。
猫は狭い場所を好むので、ベッドとか猫用ものは狭い場所に置くのがベターです。

快適に暮らすことのできる部屋づくりができれば、猫のストレスもなく、重宝すること間違いなしです。
ぜひ猫の部屋づくりの参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です