1. >>
  2. >>
  3. 猫の寝言について

猫の寝言について

猫のねごと

犬猫もねごとをいう時があります。
どんな時にねごとっていうの?と猫のねごとが気になる人も多いのではないでしょうか。

病気の予兆なの?とか元気がないの?と猫を飼っている人は心配です。
寝ている時にするねごとですが、声とか様子からどんな夢を見ているのか知ることも大事です。
カカカという鳴き声の時は獲物を見つけた夢のことが多いです。

にゃーという鳴き声は甘える声であればお腹が空いたので飼い主にご飯を要求しているというものがあります。
猫の鳴き声でどのような夢なのか知ることができるようになります。

たまに寝ている時に猫の名前を呼んであげると返事することもあります。
目を閉じたまま返事するのですが、寝ている時でも大好きな飼い主の声は耳の良い猫は聞き分けることもできるのです。
寝ている時に猫もねごとを言う時があるのですが、楽しい夢もあれば怖い夢、怒っている夢もあるのが大きな特徴です。
ねごとで病気がわかることもあるのでねごとの種類は知っておくとより効果的に対処することができます。

注意したい猫のねごとの種類

注意したい猫のねごとの種類ですが、けいれんをしているものもあります。
けいれんは病気の症状でもあるので注意です。

気持ちよさそうにカラダのちからを抜いてリラックスしているのは心配ないです。
ただ、プルプルとカラダがけいれんしているものは注意です。
大きな声で叫んでねごとを言いながらけいれんしていると病気の場合もあります。

カラダが突っ張っているとてんかんの病気の場合もあります。
触ると引っ掻いたり噛まれたりするので痙攣が終わるまで様子を見るのが良いでしょう。

ねごと以外にもいびきをかいている時もあります。
これは、呼吸器系に問題があることも多いです。

猫風邪を患っていると鼻が詰まるので呼吸が荒くなることもあるのです。
普段から鼻水とか咳の症状が出ていないかどうかは動物病院で診てもらうのが良いでしょう。

はきたそうな症状もあります。
毛を飲み込んでしまった時にはきたそうにしていることもあるのです。

猫はカラダを頻繁に舐める癖があり毛は便と一緒に体外に排出されるのですがうまく排出されなくてカラダに毛が残っているとねごとをいうこともあります。
口から毛をはきだそうとねごとをいうので病気かな?と感じることも多いです。
日頃から猫用のブラッシングをしてあげることでこのカラダの毛が口に入ることもないのが大きな特徴です。

猫のケアをすることで、猫も健康に過ごすことができます。
ブラッシングとかトイレも複数の猫を飼っている時は用意しておくと健康状態もケアすることができます。
健康のケアは、ねごとにも注意してみることをおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です