1. >>
  2. >>
  3. 家族にペットアレルギーの人はいませんか?

家族にペットアレルギーの人はいませんか?

家族にペットアレルギーはいないか

ペットを飼う場合、同居の家族の中にペットアレルギーがいないことが大切な条件となります。
ペットアレルギーの人がいても、注意をすれば飼うことができるという人もいますが、やはりペットアレルギーを持っている人にとっては、絶対に飼って欲しくないことだと思います。

そのため家族の人にペットアレルギーがいないかチェックしましょう。
また一般的なアトピー皮膚炎や喘息などを持っている人も、ペットと一緒に生活することはあまりおすすめできません。

そこでペットアレルギーだけでなくアレルギー体質の家族がいる場合、ペットを飼うことは考えましょう。
また大人は今までにいろいろな体験をしているので、ある程度ペットアレルギーを持っているか分かりますが、子供はまだ体験が少ないため、病院などでアレルギー体質でないかチェックしてからペットを飼いましょう。

ペットの種類を選ぶ

ペットの種類の中でも犬や猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、鳥など、いわゆる毛の生えているペットはどうしてもアレルギー体質の人にはトラブルが起こりやすいと言われています。
そのため毛のないトカゲ、亀、イグアナなどの爬虫類や、熱帯魚や金魚などならアレルギーもあまり関係ありません。

このようにペットが欲しいと思ったときに、自分も含め家族がアレルギー体質であれば、ペットの種類を考えて飼うことも1つの方法です。

可愛いだけでは飼えない

やはりペットを飼おうと思ったときには、とにかく可愛さが先に立ってしまいます。
しかし可愛いから飼いたいという欲望だけで飼ってしまうと大変なことになります。
特に子供のアレルギー検査は不可欠です。

しかし例えば猫を飼おうとしていて、子供のアレルギー検査をしたところ、猫アレルギーはなかったとしても、将来喘息になる可能性があるかもしれません。
もしそのようなことがあっても、ペットずっと飼うことができるでしょうか。

また家族の中に急にアレルギーが出ることもあります。
それでも飼い続けることができるかを考えましょう。
このようなことを同居家族としっかり話合って、ペット飼うかを考えなければなりません。

ちょっと重いようですが、ペットを飼うということは、それだけ真剣に考えるべきことなのです。
もちろんアレルギーになりにくい飼い方もありますが、やはりアレルゲンを持っている人は、特に室内飼いは絶対に避けるべきではないでしょうか。