1. >>
  2. >>
  3. 介護施設で癒しを与えるセラピードッグ

介護施設で癒しを与えるセラピードッグ

セラピードッグとは?

人に癒やしを与えてくれるセラピードッグは、性格が優しくて穏やかなのが大きな特徴です。
一般的には老人介護施設等を訪問するワンちゃんのことをセラピードッグと言います。
施設の入居者とかデイサービスを使っている利用者と触れ合うことで生活の質を向上させたり心身の安定、癒やしを届けるのが主な役目です。

こうした活動も積極的に行っているセラピードッグもいるのです。
たとえば、障害者施設とか病院、そして老人介護施設、刑務所へ訪問する等の活動の場も広げているのが特徴です。

セラピードッグは、このような活動をしていることもあります。
お手伝いのスタッフも同行して、飼い主とセラピードッグだけでは目が届かないこともサポートしてくれるので安心です。

セラピードッグの条件

セラピードッグはどのようなワンちゃんのことをいうのでしょうか。
セラピードッグになるワンちゃんは、いくつか条件があるのです。
健康で吠えたり噛み付いたりせずに、基本のトレーニングが身に付いていることです。
スワレ、マテとかフセ、コイの他にもアイコンタクトがあります。

活動しているサポートドッグと相性の良いワンちゃんもセラピードッグ向きと言えるのではないでしょうか。
これがセラピードッグ向きのワンちゃんの適正といえます。
ワンちゃんがセラピードッグ適正があり、向いていても飼い主が向いていないということもあるのです。

専属ドッグトレーナーの適正チェックというものもあるのです。
飼い主には愛犬と一緒に面談を受けて関係性を確認して活動するものもあります。
活動に向いている飼い主というのは、臨機応変に対応ができて柔軟性とコミュニケーション能力の高い人です。
協調性のない人は飼い主に向いていないと言えるのではないでしょうか。

このようにセラピードッグ向きのワンちゃんは飼い主も大事です。
飼い主もセラピードッグの飼い主に向いているとか向いていないとかの適正チェックもあります。
この適正チェックは、専属ドッグトレーナーが実施しているものもあります。

適正がどうかな?と気になる人も多いのではないでしょうか。
自分の愛犬がセラピードッグ適正があるのかも気になります。
この適正チェックでセラピードッグ向きか知ることも大事です。

人の心を癒やしてくれるのがセラピードッグです。
表情が豊かになったりとか普段あまりはなさない人がセラピードッグに話しかけたりといった良い影響があります。

また、手が不自由な人がセラピードッグと触れ合うと手を動かしたりといったものもあります。
セラピードッグには、人の心を癒やしたり心身を健康にする効果もあります。
癒やしを与えてくれるワンちゃんがセラピードッグなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です