1. >>
  2. >>
  3. 犬と人のつながりの歴史

犬と人のつながりの歴史

犬と人の出会いと歴史

犬と人の出会いを紹介します。
犬と人はいつから仲良しなの?と気になる人も多いのではないでしょうか。
歴史を学ぶことで、より深くワンちゃんのことを知ることができるようになります。

愛犬との絆をもっと深めるのに、この歴史を知ることも大事です。
犬種は400以上もあります。

犬は、人との共生を始めた動物の中で、一番歴史が長いと言われています。
ことわざに犬は人の最良の友、というものがあります。
いろいろな動物がいますが、犬は人の暮らしに溶け込んでいる動物の一つです。
犬は、人間をはじめ他種の気持ちを理解できるのが犬です。

犬と人は見つめ合うことで愛情ホルモンが出ると言われています。
人間の気持ちを理解できる犬は、認知レベルが非常に高いのが大きな特徴です。
信頼関係が築けるので、パートナーとしても犬と人は絆を深めることもできるのです。

見つめ合うことで、愛情ホルモンも分泌されるので、愛犬と見つめ合うのが良いでしょう。
犬と人が見つめ合うことで、オキシトシンという母子の絆を高めるホルモンが出ると言われています。
非常に素晴らしいホルモンといえます。

犬と人が繋がる方法は?

犬と人が繋がる方法は、科学的な視点からいうと遊び行動があります。
犬はネオテニーという幼形成熟があります。
成長しても子どものような行動が残るというものです。
犬と飼い主が遊びで触れ合うことでオピオイドと言われる神経伝達物質が分泌されるようになります。

飼い主と遊ぶと犬は、楽しいと感じて快楽に関わる神経伝達物質が分泌されるようになります。
遊びを通じて、人と犬の絆も深めることもできるのです。
犬と人が繋がる方法は、このように犬と人が楽しく遊ぶというものです。
遊びを通じて飼い主が大好きになるので、さらに絆を深めることもできるのです。

科学的にも築けることのできる人と犬の絆は素晴らしい、目を見張るものがあります。
愛犬とは、毎日遊ぶことが絆を深めるのに大事です。

より絆を深めるには、犬と一緒に遊ぶのが一番です。
犬と楽しく、いっぱい毎日遊ぶことで絆を深めることもできるのです。
仲良くなることもできますし、科学的にもとても効果的な方法と言えるのではないでしょうか。
犬と飼い主が自由にのびのびと楽しく遊ぶことで、オピオイドが分泌されるようになります。

あまり愛犬がなついてくれない、という人も多いのではないでしょうか。
愛犬がなつかないなら、楽しく毎日遊んで見るのが効果的です。

絆を深めるのに効果的ですし、犬と人の健康にも良くて一石二鳥です。
健康にも良いですし、毎日遊ぶことで犬も元気に生き生きと楽しく過ごすこともできるのです。
是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です