1. >>
  2. >>
  3. 東京都が行っている里親制度とは

東京都が行っている里親制度とは

ワンちゃんの里親

ワンちゃんの里親ですが、里親事情も多岐にわたります。
東京都でも、多くのワンちゃんが里親を待っているのです。
ワンちゃんは多くの場合はブリーダーとかペットショップで飼うのが特徴です。
ただ、最近ではワンちゃんの飼い方も多様化してきていて、保護犬の里親になる人も多いです。

この保護犬というのはどのようなものなのでしょうか。
東京都動物愛護相談センター等に保護されて、管理期間内の7日間に飼い主に返還できなかったワンちゃんとかなにかの理由で飼い主から引き取られたワンちゃんのことを保護犬と言います。

保護犬は、その後可愛がってくれる里親の元に行くのです。
何らかの理由は、飼い主が病気でお亡くなりになったとか、ペット飼育がNGの物件に引っ越し等です。
この保護犬の里親になる人は最近増えてきています。

保護犬の里親になった人の声ですが、ペットOKマンションに引っ越して犬を飼おうと思った人もいます。
ペットショップを回っていると保護犬の里親になれる、ということを知り合いから聞いて譲渡会に参加、保護犬の里親になった人もいます。

アニマルセラピー活動に参加しているワンちゃんも多いです。
セラピードッグとして活動しているワンちゃんもいます。
どんな人にも思いやりを持って優しく接する事のできるワンちゃんと楽しく過ごしているというものです。

保護犬の里親の条件

保護犬の里親になる条件もあります。
たとえば、個人譲渡の条件があるのです。
これは、都内在住の20歳以上で60歳以下の人です。
犬の飼育が許可されている住居に住んでいるというものがあります。

ペット飼育OKの住居に住んでいる人は、この保護犬の飼育をすることができます。
家族に動物アレルギーの人がいない、飼育を家族が賛同しているというのも大事です。
犬猫を飼っていないのも里親になる条件として大事です。
また、経済的と時間的に余裕があって適正に終生飼養ができるというものがあります。

この譲渡の条件があれば、東京都の保護犬と猫に関するホームページをチェックするのが良いでしょう。
このホームページでは、譲渡候補のワンちゃんをチェックすることができます。

飼いたいワンちゃんがいたら、飼う前の心構えを知ることのできる譲渡事前説明会に参加することができます。
これは要予約で、予約をして参加することができワンちゃんとマッチングがされるのが大きな特徴です。
保護犬が里親に譲渡されるまでの期間は、自治体とか団体によって異なっています。

いかがでしょうか、この点に注意をして保護犬の里親になる、というものですね。
ワンちゃんの里親になる条件には様々なものがあります。
是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です