1. >>
  2. >>
  3. ペットロスの克服方法

ペットロスの克服方法

ペットロスとは

私達の人生で最も辛く悲しい出来事として、大切な人との死別があげられますが、ペットを深く愛する人にとっては、ペットとの死別もまた、同じ精神的ショックが避けられません。
そのショックの大きさから精神的に立ち直れず、うつ病などを発症する、心臓病などの疾患をも併発するなど、深刻な状況に陥ってしまうケースも見られ、こうした状態をペットロスと称します。

こうしたペットを亡くした際の悲しみは、全ての飼い主がその程度こそ違えども、1度は経験せざるを得ません。
多くの方々は時間の経過の中で立ち直りますが、中にはそのまま心身の病を患ってしまい、こうした状況をペットロス症候群と称します。

ペットロスの際の心理状況と重症化する要因

ペットロス状態に陥った飼い主は、ペットを失った悲しみ、現実を受け入れられない混乱と否認、そしてやり場のない怒りから、自身がペットを殺めてしまったとの罪悪感に襲われてしまいます。
中でも否認、怒り、罪悪感は自身での処理からの克服が非常に困難だと言われています。

次にペットロスが重症化する要因として、周囲の人達との価値観の違いがあげられます。
世の中の全ての人達が、ペットに対して強い思いを抱いているとは限りません。
いつまでもペットの死のショックから立ち直れない相手を励ますつもりで、何気なく声にした一言が、ペットロス状態の当事者の負の感情に、火に油を注ぐような逆効果を届けてしまう、残念なケースもゼロとはいえません。
こうした自身が家族や周囲の人達に望むサポートや励ましとは、まったく違う形のコミュニケーションが届けられたことで、ペットロスによる心身の不安定さを増してしまう、結果としての悪循環もみられます。

またいつまでも落ち込んでいる自分に対する罪悪感や嫌悪感など、自己否定に走ってしまった結果、立ち直るきっかけを見失う方々もおられます。
ペットが事故や病気など、予期せぬアクシデントで突然亡くなってしまった場合に、自身の落ち度を原因と思い込み、自分自身を責め続けてしまうケースです。

ペットロスを克服するために

まずは生前にできることとして、普段からペットの健康状態に注意を払い、無用なアクシデントを回避する環境を整えてあげることがあげられます。
また過剰に溺愛し過ぎず、ペットへの依存度が強くなり過ぎない、適度な距離感を意識することも大切です。
適切な飼い方を実践していた、またペットもひとつの個性を持つ生命体だと尊重する付き合い方を意識してください。

ペットが亡くなってしまった時、悲しみを無理矢理我慢せず、思いっきり悲しみの底に自身を置いて、泣きたいだけ泣くことから、立ち直るキッカケへとつなげる姿勢が望まれます。
また悲しみを理解共有してくれる、第三者と色々と語り合う中、自身の考えや姿勢を冷静に見つめ直す作業も、ペットロス状態からの脱却に有効です。