1. >>
  2. >>
  3. 歯磨きでお口をケア

歯磨きでお口をケア

犬や猫の歯磨きの重要性

愛犬や愛猫が歯磨きを嫌がってしまい、苦労されている飼い主の方々は潜在的に大勢いらっしゃいます。
3歳以上の犬の約80パーセントが歯周病の疑いがみられるとの説もあり、飼い主としては予防と善処に努めてあげたくて当然でしょう。

この歯周病は犬だけでなく、猫にも共通しています。
柔らかいキャットフード中心の食生活の影響で、歯と歯の隙間に歯垢が溜まってしまい、やがて歯垢が歯石へと変化から、歯周病を誘発してしまう飼い猫が少なくありません。

一旦歯周病を発症してしまうと口臭が酷くなり、人間との共同生活にも支障が否めません。
自分自身で歯磨きができない愛犬と愛猫のお口のケアもまた、飼い主の重要な責務です。

犬の歯磨きの方法と注意点

犬の口を片手で持ち指でめくりあげ、歯と歯茎の間をやさしくブラッシングします。
磨く順番は前歯から奥歯へと、全ての歯を磨いてあげます。
歯に対して斜め45度の角度でブラシを当ててあげ、隣の歯へと移動する際には、円を描く要領でブラシの先端を移動します。
長時間になると犬が苦痛を覚えますので、長くても1回あたり2~3分を目安にしてください。

歯磨きの頻度は毎日が理想ですが、現実難しい場合でも最低週に2~3回は実践を続けてください。
歯垢は4~5日で歯石となり、歯周病誘発のリスクが高まります。

愛犬が歯磨きを嫌がる理由としては、歯磨きという行為自体にストレスを覚えている、あるいは虫歯がある場合が想定されます。
犬の性質として、口の周辺にはあまり触れられたくなく、歯ブラシという異物を差し入れられることへの不快感と警戒心も少なくありません。
対処法として、いきなり歯磨きという行為を覚えさせるのではなく、段階を踏んで慣れさせる工夫があげられます。
最初は口に触れるところまで、次に歯ブラシを歯に当てるところまで、そして最後に歯磨きと、少しずつステップを踏んでゆく根気が、飼い主に求められます。

猫の歯磨きについて

いきなり愛猫の口を強引に開いて歯ブラシを当てようとすると、噛みつかれてしまうリスクが避けられず、まずは噛みつかないように十分しつけておく準備が欠かせません。
猫にこのしつけを行うに際しては、万一噛みつかれても深刻なケガにつながらぬよう、軍手など厚手の手袋をした上で、決して焦らない姿勢が大切です。
歯ブラシの先端やガーゼに、猫が好きな食べ物の匂いを少し付着させておくことで、歯ブラシや指が口に入ると美味しいと思い込ませるのも、歯磨き訓練上効果的です。

猫の歯磨きに関しては、犬の歯磨きとの共通点た多数ありますが、歯ブラシだけでなく、指にガーゼを当てて歯垢を落とす方法も選択肢です。
ちなみに人間用の歯ブラシは猫には硬すぎるため、猫専用のブラシを用いてください。

犬と猫に共通する要注意点として、人間用の歯磨き粉の成分であるキシリトールは、低血糖を引き起こす原因となるため、用いてはなりません。
またミント入りの歯磨き粉は、猫にとってはマタタビと同じ作用を持つため、こうした製品の使用も回避してください。